Dantienとは何ですか?

Dantienは、アジアの哲学、医学、そして武道で頻繁に起こる概念です。ダンティエンは身体の重心であり、理論的には気の記憶センター、または生命力です。臍の直下と背後に位置していますが、身体は実際に臍、心臓、額に3点のダンテイエンを持っていると伝えられています。 qi gongクラスなどの伝統的な中国の哲学を扱うコースの学生は、早い段階でdantienのコンセプトに導入されることがよくあります。

また、中国語のローマ字化がしばしば非常に不完全であるという事実のために、danienがdan tien、dantian、tan t’ienなどのように綴られているのを見るかもしれません。この言葉は「赤い畑」と解釈され、多くの人々が身体の場所に加えて物理的なエネルギーの場としてdantienを視覚化します。 Dantienは時には、身体のエネルギーのボールと考えられ、操作や調整が可能です。

哲学はさておき、胃は人体の重心に非常に近く、運動選手が知っているように、重心を利用することを学ぶことでより多くの力を生み出すことができます。重心を意識して胃の中を低くすることで、ボクサーやフェンサーのような選手にとって便利なバランスを改善することができます。したがって、dantienのコンセプトは、武道において非常に重要です。インストラクターは、より強力な打撃とより大きなバランスのために、ダンティエンにエネルギーを集中させるように学生に奨励します。

dantienが出現する可能性のある様々な状況があります。瞑想では、人々は深く息子に息を吹き込み、心にエネルギーを注ぎ込むよう奨励されるかもしれません。ダンティエンは伝統的な中国医学でも使用され、開業医は身体のエネルギーの流れと身体のこの重要なポイントに蓄えられたエネルギーの量を調べます。 qi gongのようないくつかのプラクティスは、エネルギーの流れを改善し、後で使用するためにダンティエンを強化すると考えられている。

生命力とエネルギーの座である下腹部の考え方は、アジア特有のものではありません。体のこの部分は、多くの文化において強力な象徴性を有しており、西洋運動競技における精神的エネルギーの勢力として常に明確に定義されているわけではありませんが、伝統的な医薬習慣やスポーツに多種多様に現れます。