羊水とは何ですか?

羊水は、栄養を提供し、胚をショックから隔離し、健康な胎児の発達を促すために、発生中の胚を取り囲む流体である。人間はしばしばそれを労働の症状としてよく知っています。なぜなら、体液を保持している膜は、人が「壊れる水」と呼ぶ現象の中で、通常は労働中に破裂するからです。まあまあ。

受胎後12日目に、羊膜嚢(羊膜とも呼ばれる)が形成され始めます。この嚢は発達中の胎児を保護し、胎児が成長するにつれて徐々に羊水を満たして腫脹する。最初、母体は液体の供給源を提供するが、時間がたつにつれて液体の多くは胎児起源である。妊娠の終わりになると、体液の多くは実際に発達中の胎児によって生成された尿です。

初期の段階では、羊水ははっきりしており、胎児が発達するにつれて重要な栄養を提供します。時間が経つと、浮遊幹細胞とともに、胎児の皮膚細胞が溢れてしまいます。これらの細胞は羊水穿刺で抽出して、発達中の胎児に関する情報を得ることができる。妊娠34週目までに、羊水は最高レベルに達し、妊娠の最後の週に減少し始めるでしょう。

この液体は化学組成の点で海水に似ており、多くの重要な役割を果たす。第2期には、発達中の胎児が羊水を飲んで呼吸し、体液は健康な肺や消化管の発達に寄与します。液体はまた、胎児室を移動させ、彼女または彼が健康な骨格および強い筋肉を発達させるようにする。面白いことに、流体は音をよく伝えるので、液体は巨大なアンプのように働き、開発中の胎児は外界と一緒に母親の体の音を聞くことができます。

2つの障害は羊水を伴う。羊水過多では、体液が不足しており、胎児は足のついた足を含む様々な発達上の問題を引き起こす可能性があります。多汗症では、体液が多すぎます。これらの状態は一般的に超音波の使用で診断され、予後は状況によって異なる。一般的な規則として、いずれの条件も注意を払う必要があるため、胎児の問題を早期に特定し対処することができます。