抗利尿ホルモンとは何ですか?

抗利尿ホルモンは、ADHまたはバソプレシンとしても知られており、下垂体から分泌されるホルモンです。その主な役割は、腎臓を刺激して、水を再吸収するのではなく、水を再吸収することであり、体内の血圧と塩のバランスを調節する複雑なシステムの一部として機能するように設計されています。高すぎるまたは低すぎるこのホルモンのレベルを有する人は、尿崩症などの医療上の問題を経験することがある。

いくつかの状況は、下垂体による抗利尿ホルモンの生成を引き起こすことがある。血圧の低下、血漿量の変化、および胆嚢からの分泌物は、すべてこのホルモンの分泌に役割を果たすことができます。ホルモンは腎臓に移動し、腎臓の構造物が腎臓を流れる水を再吸収するように指示し、脳内で終わり、バソプレシン受容体と接触する。脳では、バソプレッシンは記憶の形成に役割を果たすようであり、それは特定の社会的行動と関連している。

抗利尿ホルモンのレベルが上昇すると、血圧も上昇する。このホルモンのレベルが高すぎると、人は体液が過負荷になり、体内の塩分のレベルがバランスを崩し、身体が水分を多量に保持しているため、大きく希釈されます。これは、脳や肺に合併症を引き起こす可能性がある非常に重篤な病状である低ナトリウム血症に発展する可能性があります。下垂体によって産生される抗利尿ホルモンが十分にない場合、過度の渇きおよび頻尿の特徴がある尿崩症を発症することがあります。

入院患者は時には不適切な抗利尿ホルモン(SIADH)の症候群を発症する。この状態の患者は、抗利尿ホルモンを分泌しすぎて体にストレスを与え、体液や電解質の不均衡を招く。入院患者ではSIADHが問題であることが知られているため、定期的なスクリーニングを患者ケアの日常的な一部として実施し、早期に同定し対処するようにすることがあります。

患者がこのホルモンの不足または過剰を発症した場合、医師は患者にインタビューし、問題の原因を突き止めて対処する必要があります。治療は身体を正常な機能に戻すことができるか、または患者の状態を適切な注意をもって管理することができる。抗利尿ホルモンの過剰または過剰産生を特定できないと、患者にとって合併症を引き起こす可能性があり、恒久的な損傷につながる可能性があります。