好酸球性食道炎とは何ですか?

好酸球性食道炎は、多数の白血球の存在によって特徴付けられ、引き起こされる食道の炎症である。これらの血液細胞は体の免疫系の一部です。健康な患者では、胃腸管の他の領域に位置する可能性があるが、食道には存在しない。好酸球性食道炎の患者では、食道に白血球が多く存在し、さまざまな症状を呈します。

好酸球性食道炎の人は通常、飲み込むのが難しく、薬に反応しない胸やけ、体重減少や​​消化不良を起こすことがあります。医者が単にそれが逆流の極端な形態であると考えるかもしれないので、状態は診断するのが時々困難です。内視鏡検査を行う場合、食道は炎症の兆候を示すことがあり、または完全に健康に見える可能性があり、生検は診断のために重要である。

好酸球性食道炎の患者の中には、慢性炎症の結果として食道に隆起または亀裂を生じるものがある。これらは明確な診断指標となり得る。他の患者は、食道の裏地に白血球の斑点が見える。他の場合には、変化は顕微鏡的レベルでのみ見られ、多数の白血球が食道の正常細胞に散在している。

好酸球性食道炎の治療には、胃酸を抑制し、炎症を抑制し、白血球の豊富な免疫不全に対処するための薬物療法が含まれ得る。白血球の爆発を引き起こしている可能性のあるアレルギーを患っている患者は、治療を受けなければなりません。一般的なアレルゲンやトリガー食品を避けるなどの食事療法の変更が推奨されます。炎症が再発しないように、これらの食品への暴露を避けるために、患者は永続的なライフスタイルの変更を行う必要があります。

好酸球性食道炎の原因はよく分かっていない。これは、食物アレルギーだけでなく、吸入アレルゲンへの曝露を含む、アレルギーに関連すると考えられている。喘息およびアレルギー反応の病歴を有する人々はより多くのリスクを有し、この状態は男性においてもより一般的である。一部の研究者は、自己免疫疾患が好酸球性食道炎を引き起こし、免疫系の破壊が食道および他の身体領域の炎症に至ることを理論化している。最新の治療プロトコール、臨床試験に関する情報、および患者のケアに役立つ可能性のあるその他の情報にアクセスできる胃腸病専門医を見て、この状態に関する最新の研究の恩恵を受けることができます。