大腿神経障害とは何ですか?

大腿神経障害は、脚の1つにおいて感覚の変化および/または運動制御の欠如を引き起こす大腿神経の問題を特徴とする医学的状態である。大腿神経障害の治療および管理には、症状の原因に応じて最良の治療法を用いる多数のアプローチがある。他の神経学的状態と同様に、早期に問題が特定されれば、予後はよりよくなる傾向があります。

大腿神経は、腰椎から右脚および左脚にそれぞれ下降する2つの神経を伴って、脚に神経支配および感覚を提供する。外傷、脈管炎、糖尿病、圧迫、圧迫傷害などの疾患によって神経が損傷することがあります。すべての場合において、神経への損傷はその機能を妨害し、神経障害として知られる問題を引き起こす。

大腿神経障害に関連する症状は様々である。一部の患者は、無感覚、うずき、またはランダムなホットスポットを感じる。感覚における他の変化も同様に経験することができる。一部の患者はまた、運動を制御する神経への損傷の結果として、脚の移動または脚の制御に問題を経験する。この問題は、医師が解決しない限り、神経の損傷が継続する可能性があるため、しばしばより深刻になる。

医師は、どのくらいの感覚が失われたのかを決定する神経学的検査を実施し、大腿神経障害を診断することができる。医者はまた、最近の外傷や糖尿病の病歴など、問題の可能性のある原因を探すために、患者とのインタビューを行うこともできる。目標は、大腿神経障害を確認し、その原因を治療できるように決定することです。

場合によっては、投薬、手術、または理学療法で達成される原因を治療することによって状況が解決されることがあります。他の例では、損傷は永続的であるかもしれないが、それが進行できないようにそれを逮捕し、神経、薬物療法、理学療法および他のコースに対する電気刺激の使用を患者がより快適に感じるのを助けることができる治療の神経学的損傷は扱いにくいことがあります。つまり、患者と医師は、働いているものとそうでないものについて明確なコミュニケーションを取る必要があります。

大腿神経障害の患者は、医師がしばしば医学的状態およびその治療に対する様々なアプローチを有し、時には1つの医師のアプローチが他の医師のアプローチよりも適している場合があるので、第2の意見から恩恵を受ける可能性がある。神経学者は現場で最新の情報を持っており、一般開業医以上の知識を持っているかもしれないので、ある時点で神経科医に相談するのは良い考えです。