喘息行動計画とは何ですか?

喘息行動計画は、喘息管理の人々を助けるために計画された書面による計画です。それは、患者が従うことができる様々な状況で何をすべきかに関する一連の指示を提供する。明確に書かれた定義された計画を持つことは、患者が喘息をより効果的に管理するのを助けることが示されており、この計画は救急医療サービスおよび他の医療提供者と対話する際にも有用であり得る。一般開業医が患者との喘息管理を取り扱っている場合、喘息の行動計画は通常患者とその喘息専門医または一般開業医によって作成されます。

喘息行動計画の最上部には、患者の医者、地元の病院、緊急サービス、家族の連絡先情報が掲載されています。このセクションには、患者の名前と連絡先情報も含まれているため、問題が発生した場合には、これらの情報はすべてすぐに利用できるようになります。

喘息行動計画の次のセクションでは、よく管理された喘息の「緑色の領域」で患者が何をすべきかについての議論が行われています。このゾーンにいるとき、患者は最小限の症状を経験しており、比較的良好に呼吸することができ、レスキュー吸入器を必要とせず、快適である。グリーンゾーンの活動には、喘息管理のための毎日の薬剤の服用、ピーク時の血流測定値のチャート化が含まれます。

患者が困難を経験し始めている状況をカバーする黄色のゾーンのセクションでは、喘息行動計画は何をすべきかを綴っています。患者はレスキュー吸入器で数回吸うように求められ、改善を待つことがあります。症状が悪化すると、患者は赤いゾーンに押し込まれ、直ちに医師の診察を受ける必要があります。赤いゾーンにいる間、患者は呼吸が極端に難しく、貧弱な酸素供給を示す爪のような他の症状を経験することがある。赤いゾーンでは、緊急サービスに電話するように患者に指示します。

一般的に、喘息行動計画の最下部には、喘息の誘因とアレルギーの可能性についても記載されています。この情報は、患者がそのようなトリガーを避けるために使用することができ、また患者のチャートの中の便利な記録でもあります。喘息行動計画のコピーをチャートでチェックすることによって、医師は患者の喘息がどれほどうまく制御されているか、どのような兆候が患者に喘息発作を引き起こすかなどの概要を簡単に知ることができます。この情報は、治療に関する決定を下す際に役立ちます。