クリスチャンヘルスケアとは何ですか?

キリスト教の健康管理には、クリスチャンの宗教的価値観を主な動機とする医療サービスの提供が含まれます。キリスト教のヘルスケアプログラムの主な特徴は、地域社会と祈りに対する信念志向の焦点です。多くの場合、これには健康保険の代わりに費用分担プログラムが必要です。そのようなプログラムに登録された個人は、仲間の登録者からの寄付の形で医療費のための財政援助を受け取ります。小切手と現金はしばしば祈りカードを伴います。クリスチャンの保健医療を確保し、維持するためのガイドラインは、しばしばキリスト教の聖書に由来する原則に従っています。

クリスチャンのヘルスケアのような宗教指向のプログラムは、既存のシステムでの認識の欠如に対応して開発されることが多い。キリスト教の保健医療プログラムの場合、従来の医療保険は、通常、財政的援助と精神的援助の両方で欠けていると見なされます。伝統的な保険は毎月の保険料と引き換えに保険料を払いますが、その金額は通常、保険会社が定める資格者によって制限されます。これにより、患者は、医療処置に必要な量が不足することになります。従来の医療保険の月額保険料は、購入した保険の種類に応じて高価になることもあります。

キリスト教の保健医療プログラムは、コミュニティベースの支援システムを通じて、より広い範囲をカバーします。プログラムのメンバーは、医療法案の資金援助を必要とする仲間の会員について、毎月アラートを受け取ります。これらのアラートに基づいて、メンバーは、必要な会員に直接、伝統的な保険料よりもはるかに低い固定金額を直接拠出し、効果的に請求額を支払う必要があります。ほとんどの場合、法案は寄付の対象となります。

このシステムは、メンバーがお互いの福祉により完全に関わって、強く信仰に基づいたコミュニティ感覚を築くのを助けようとします。この感情は、寄付金に祈りカードやその他の介護品を加え、受益者が仲間のキリスト教徒からのさらなる支援を受けることができるようにすることで強化されています。この協力と共済の精神は、キリスト教の医療を多くの人にとって魅力的な選択肢にしています。

しかし、そのようなプログラムには、独自の欠点があります。弱いメンバーシップを持つキリスト教の医療プログラムは、毎月の寄付の数が不十分なため、特定の症例に十分な資金を提供できないかもしれません。さらに、メンバーシップ・ルールが基づいている聖書の原則は、従来の医療保険よりも制限的である可能性があります。アルコール消費は一般的に欺かれ、精管切除などのキリスト教原理と矛盾する手続きは網羅されていない。