カリニュフォビアとは何ですか?

Caligynephobiaは美しい女性の誇張された、または非合理的な恐怖の臨床用語です。それはまたvenustraphobiaとして知られています;一般的に女性の恐怖を言い、虚偽恐怖症を指します。個人的なトラウマや社会的不安障害などの大きな問題の一部として、人はカリキュラム恐怖症を経験することがあります。このような恐怖症を持つ人々は日常的な社会的交流を厄介で悲惨なものにすることがあります。幸運なことに、インターネットの中と外にある多くのリソースが、この珍しい問題ではなく、これの被害者をサポートしています。

“caligynephobia”という言葉は、 “美しい女性”という意味のギリシア語の単語kalosとgyneから来ています。多くの人は、見知らぬ人、特に魅力的であると感じる人や、そうでなければ印象づけたい人を心配しています。 caligynephobic人のために、この不安は魅力的な女性に焦点を当てている、ロマンチックな気持ちが含まれているときは特に一般的です。このような状況では、誰でも時折不安や不快感を経験することがありますが、急性社会恐怖症の人にとっては、定期的な発生である可能性があります。誰かが不安のために社会行事を楽しむことができない場合、治療法を検討すべきです。

Caligynephobiaは社会不安障害と呼ばれるよく知られている神経症の症状であるかもしれない。この症候群の人々は、社会的な状況、特に見知らぬ人や大規模なグループに関わるさまざまなレベルの不安や感情的苦痛を感じます。この不安を引き起こすのは、すべての人にとって異なる可能性があります。他の人は雇用者や他の権威者の存在によって脅かされるように感じる人もいるが、公衆の話すことや注意の中心となる人はいない。魅力的な人々に与えられた高い社会的関心は、カリキュラム恐怖の攻撃を引き起こす可能性があります。

幸運なことに、盲目的な人々はサポートグループと専門的な治療法を見つけることができます。社会恐怖症に焦点を当てたウェブサイトは、カフェインを避け、健康な食生活と運動療法を維持するために被害者に助言する。これらは一般的にストレスや不安を軽減するための良いテクニックです。瞑想や精神的なアプローチは、ユーモアのセンスと同じように、問題について別の視点を提供することができます。セラピストまたはカウンセラーは、専門的な助けがなければ、美しい女性がこの反応を引き起こす理由を正確に突き止めることができ、友人または家族が同情的な耳を貸すことができます。

Caligynephobiaは、しばしば一般的なメディアで表現され、時にはストーリーの主役のためにロマンチックな合併症を作ります。俳優と映画監督のウディ・アレンは、しばしば女性に脅かされる神経質な人物として映画に出演する。サウスパークの漫画のStanというキャラクターは、彼の長年の挫折、Wendyの存在下で激しく病気になることがよくあります。おそらく、人気のあるフィクションの古典的な例は、ピーナッツ漫画のチャーリー・ブラウンです。何年もの間、彼はひそかに無名の「小さな赤ちゃんの女の子」を押しつぶしましたが、彼女の美しさにとても怯えて、彼女に近づくことさえできませんでした。